Loading

Vision Wall

15m wide interactive wall that continuously changes in response to season and visitors data at the vision wall in Panasonic Center Osaka. The visuals and sounds respond to the optical flow data of the pedestrians in the building; the motion traking data of the visitor’s movements captured by 6ch three-dimentional image sensors; daylight level and season. We developed the ever-changing interactive wall with different components: the visual application incorporated with openFrameworks and the audio processing program mosaicking 10ch sounds in real-time using Max/MSP.

パナソニックセンター大阪ビジョンウォールにて、横幅15mのインタラクティブウォールを制作しました。6台の三次元距離センサーによる鑑賞者のモーショントラックデータ、施設内来客の流量データ、季節といった複数の要素により、ビジュアルとサウンドがリアルタイムに変化し続け、訪れるたびに違った表情を楽しむことが出来ます。ラナグラムでは、openFrameworksによるヴィジュアルをリアルタイム生成するプログラム、Max/MSPによるサウンドプログラム、流量データを解析するプログラムを担当しました。

Credit
Developers: Yasuo Kaneda, Masahide Yoshida, Shinobu Tanno
Direction & Visual Design: WOW Inc
Technical Director: Masato Tsutsui
Sound Design: Masato Hatanaka

Client
Panasonic