Loading

LOVOL Exhibition

The exhibition, LOVOL was held at Yokohama Red Brick Warehouse Gallery, May 13 to 18, 2015. We used a white neon sign to coherently design the exhibition space and mark each of works. At the entrance area, we installed a light installation, which represented the whole space to greet visitors. The installation consists of 31 neon tubes. The flickering patterns of light are continually and randomly generated. The sound is in sync with flickering light. Hiroya Asari, artist and graphic designer, organised the LOVOL exhibition. This inaugural exhibition brought together works by 6 artists from 5 groups under the theme of ‘fertility’. The LOVOL series will be continued and will come back soon.

横浜赤レンガ倉庫ギャラリーで行われたLOVOL展にて、展示空間の設計を担当しました。展示空間全体を構成するため、白色ネオン管でできたサインを各作品の指標として使用しました。エントランスエリアでは、展示空間全体を象徴するライトインスタレーションが、来場者を迎えます。インスタレーションは31本のネオン管からできており、光の明滅パターンは常にランダムに生成され、明滅に合わせて音が変化します。
LOVOL展は、アーティスト兼グラフィックデザイナーの浅利浩也が主催しています。初回の展示には、5組6人のアーティストが感じた「豊かさ」をテーマとした作品が集まりました。LOVOL展は今後も継続的に開催していく予定です。

LOVOL EXHIBITION
Venue: Yokohama Red Brick Warehouse Gallery
Date: May 13 to 18, 2015.

Neon Light Installation
Planning: RANAGRAM
Director: Yasuo Kaneda
Designer, Project Manager: Nozomi Shirai
Software Developer, Sound Designer: Masahide Yoshida

Spatial Design
Planning: RANAGRAM
Director: Yasuo Kaneda
Designer, Project Manager: Nozomi Shirai
Art Director: Takashi Aoki