Loading

Interactive LED Facade

Color Kinetics Japan and RANAGRAM researched and developed together on an interactive facade. We set approximately 1,000 LED lamps on the back of an iron lattice installed on the 4 x 2.5 m wall. Indirect lighting can make subtle visual patterns by employing the reflection of light to the wall. Geometric patterns that change shapes as time goes by and animations that is based on a sound spectrum are generated by using Perlin noise. You can change the density and color of patterns by using the iPad controller. In the tracking mode, outlines of spectators are detected by Kinect sensor and illustrated on the wall screen. When spectators move, the motion of spectators are gradually illustrated with changing its color through optical flow algorithm. We presented this project as a concept work for Live Entertainment and Event Expo 2014 at Tokyo Big Sight. We are planning to adapt this work to a real building soon.

カラーキネティクス・ジャパンとラナグラムの2社共同で、インタラクティブ・ファサードを研究開発しました。建物の外壁を模した4 x 2.5mの壁面へ鉄の格子をはめ込み、その裏に約1,000個のLEDを設置。奥の壁への反射光を利用することで、柔らかな間接照明での映像表現を行っています。パーリンノイズを用いて、時間の経過と共に形が変化する幾何学的な紋様や、サウンドのスペクトラム値をベースとしたアニメーションを生成しています。iPadコントローラーを操作することにより模様の密度や色相を変更することが出来ます。Kinectセンサーを用いたトラッキングモードでは、人の輪郭を捉えスクリーンとなった壁に影を映します。人が移動した際に風の流れのシミュレーションを行い、色を徐々に変化させながら軌跡を描きます。今作品はコンセプトワークとして、2014年東京ビッグサイトで行われたライブ&イベント産業展にて出品しました。今後、実際の建物での使用へと発展させていく予定です。

Credit
Director, Lead Developer: Masahide Yoshida
Art Director, Interaction Designer: Takashi Aoki
Producer: Yasuo Kaneda
Project Manager: Nozomi Shirai
Sounds: Keiichi Sugimoto (frolicfon.com)
LED Lighting: Color Kinetics Japan

Created by Color Kinetics Japan & RANAGRAM